FC2ブログ

ネットの海

ただの雑記帳です。
2018 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

4月18日 2018年度門別競馬 2歳戦全馬考察

いよいよ今年の門別競馬が開幕します。
18日からになりますが、18日はスーパーフレッシュがあります。
こちらはJRAから賞金の補助が出ていて、1着が300万円と平場が25万とするなら望外な賞金になっており、
また、ここで勝つことで、JRAの指定競走に出走することも可能になっています。
(コスモス賞とかクローバー賞とかすずらん賞とか)
門別馬はとかく早仕上げなので、この時期ならJRA馬にも通用するんですね。
何より日本一早い2歳戦がウリです。

そんな感じでこの1レースだけしっかりと予想してみようと思います。
個人的趣味なので色々ご容赦はください。

ダ1,200m(外) 発走時刻18:45
JRA認定スーパーフレッシュチャレンジ競 2歳 新馬

1.ヤマノプレミアム
能力試験タイムは3月29日に53.5秒(おそらくパサパサダート?)
1コースから出が悪かったものの、直線は山本騎手がムチを振るって伸びてきていたので、
2週間でどこまで動くようになったかは注目。
父ストロングリターンという血統で、母はヤーマンミルフィー(母父バブルガムフェロー)の初仔
初仔だけに走ってみないと分からないのがあるが、山口明彦さんの生産馬は、しっかり稼ぐことで有名なので、
人気ないなら是非とも買っておきたい馬ではある。

2.スフォルツアート
能力試験タイムは3月15日に52.8秒(脚抜きの良い重馬場?)
1コースからのスタートだったものの、2コースの馬がよりによって内に逃避して巻き込まれて大出遅れでタイムは全くの参考外。
最後はちょっと追って流していたが、直線の伸びはまずまずだし、1か月もあればキッチリ仕上がっている可能性は高い。
山口ステーブルは2歳でしっかり動かしてくる傾向も強く、ここは注目したい。
父フリオーソという血統で、母はハピネスミユキ(母父シンボリクリスエス)の3番仔。
3番仔とはいえ、今まで種付けされていた牡馬が、ドリームスプレッド、ゼンノドラゴンでは、繁殖失格とは言い切れない。
シンボリクリスエスが入っているのも良い、馬場が濡れていれば、さらに信頼できそう。

3.グレイアンジェラ
能力試験タイムは3月15日に53.7秒(脚抜きの良い重馬場?)
5コースから悪くないスタート、最後の直線では窮屈なシーンもあったが、進路が空いたら良いストライドで伸びた。
角川厩舎は能力試験タイムはあまり関係なく、能力試験後に仕上げるらしく、タイムだけアテにすると痛い目を見るかも。
鞍上も桑村騎手で、グランド牧場生産は、門別競馬マニアならば無視できない文字列だろう。
父スマートボーイという血統で、母はワカオカミ(母父タニノギムレット)の2番仔。
2番仔とはいえ、初仔のショシンがいまだデビューできておらず、兄弟が走るかは未知数。
ただ2年連続でスマートボーイをつけているあたり、グランド牧場の意図を感じる。
同配合(父父父父名[Northern Dancer]、父父母父名[Graustark]、母母母父名[Mr. Prospector])の
ディーエスワイルドは南関東で新馬勝ちをしている。

4.アンビートゥン
能力試験タイムは3月22日に51.1秒(やや重くらい?)
6コースからもっさりとしたスタートだったが、スピードの違いでそのまま押し切った。
非常に強い内容。直線も若さを見せていたが、最後は馬なりで遊びながら後続に5馬身以上つけた。
時計も当日の一番時計で、最後が馬なりだったことも考えると、勝ちに一番近い馬かもしれない。
父シニスターミニスターという血統で、母はカンシャノキモチ(母父カリズマティック)の5番仔。
注目はサンデーの入っていないコテコテのダート血統ということ。
米ダートでも走るんじゃないかと思えるくらいの良い配合ではないかと。
それだけに脚抜きが良くなるようだと、少し他の馬との差が無くなるかもしれない。
当日の馬場状態はしっかりと見たほうが良いだろう。

5.ゴールゲッター
能力試験タイムは3月29日に50.8秒(おそらくパサパサダート?)
2コースから好スタート、直線はムチを数発入れて、最後は流した。
この日はハイレベルな能力試験らしく、50秒台の馬が多かった。
52秒台もかなりいて、レベル差がかなりあるように感じた。
とはいえ他にも時計出てる馬が多いのは事実で、時計を信じすぎるのも禁物か。
父クロフネという血統で、母はロンギングシャネル(母父ネオユニヴァース)の初仔。
母ロンギングシャネルはノーザンファームの生産馬で園田で2勝して繁殖に。
牝馬としては500キロ以上ある雄大な馬格があり、期待の繁殖なのかもしれない。
初仔だしやはり注目はしたいところ。

6.イグナシオドーロ
能力試験タイムは3月15日に50.4秒(脚抜きの良い重馬場?)
噂の初日の一番時計馬。5コースからスピードの違いを見せた。
2着はラブミーチャン産駒で父ゴールドアリュールのラブミージュニアだったし、ハイレベルは間違いない。
父ヴィットリオドーロという血統で、母はベラトリックス(母父スマートボーイ)の3番仔。
半姉にモダンガールがいる血統で、門別適正はありそう。
サンデーの入っていないアメリカダート血統。
角川厩舎の馬でこの時期でここまで動くのはかなり期待されているのだろう。
3のグレイアンジェラよりはこちらかなという気はする。

7.マリエリーノ
能力試験タイムは3月22日に52.7秒(やや重くらい?)
4コースからスタートは悪くなかったが、まだ馬が幼い感じ。時間がかかりそう。
父セイントアレックスという血統で、母はイエスミートゥー(母父アドマイヤジャパン)の初仔。
近親も走っていないし、色々厳しいのではという気が。
よくスーパーフレッシュに出したなぁという感じ。

8.パッサカリア
能力試験タイムは3月22日に52.1秒(やや重くらい?)
4コースからスタートは悪くなかった。最後まで強めに追って入線。
父ストロングリターンという血統で、母はアイキャンディ(母父ゴールドヘイロー)の2番仔。
兄のトミノカモンは南関で新馬勝ち。仕上がり早の血統な感じはある。
ただ能力試験を見るだけだとセンスがあるようには見えず、
スーパーフレッシュの馬が相手だと少し荷が重い印象。


予想
雨が降って馬場が重かった場合→スフォルツアート
パサパサ良馬場→アンビートゥン

ワイドで中穴に賭ける予定です。
当日の馬場見ないとやはりなんとも言えないですね。
スポンサーサイト
[ 2018/04/17 19:45 ] 競馬 | TrackBack(0) | Comment(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ最上部へ

プロフィール

reona

Author:reona
横浜が大好きなミルキアンです
頑張れ横浜DeNAベイスターズ
頑張れ小野涼子様



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。